エジプト旅行記?

たった一人の宴・・・

たった六時間のホテル滞在。そのわけは・・・・・。

実は次の日の予定が朝早くに出発する「アブシンベル遺跡」の観光だったのである。
アブシンベルはここアスワンから砂漠を4時間ほどバスで走った場所、スーダンの国境近くにある有名な遺跡だ。
アブシンベルに行くためには2時に起床して、3時にはホテルを出発しなくてはいけない。

夕方ホテルに入ったので・・・ん?

6時間じゃないな・・・だいたい8時間のホテル滞在でした。

夕食をすませ、一人で部屋に戻ったのだが、なんか物足りなく、ビールを求めてロビーのレストランに行った。

するとなにやらにぎやかな音楽が聞こえてきた。

地元のエジプシャンが音楽を奏でている。民族音楽のようだ。
思わず近寄ってみた。

すると・・・・・・

私を手招きする一人の男が。
ここに座って一緒に演奏してみないかとのこと。
おいおい、いきなり太鼓をたたけと言ってもできるわけ・・・
まあ、何とかなるだろう。

と言うことで地元民族バンド?に混ざって適当な演奏を始めたのであった。

なんとそれがまたなかなかはまったのである。
世界中の人からは拍手をもらい、ホテルの従業員からは爆笑され、一躍ホテルの注目を浴びてしまった。

さすが音楽には国境がない。

日本より前にエジプトでデビューしてしまった。

よし、DVDを発売するか・・・

そして部屋に戻った私はたった3時間の短い眠りについた・・・

そうそう、ここでも思ったのだが、夜のホテルのレストランに日本人は一人もいなかったのである。日本人って決められた時間以外は自由に行動しないもんなのかね・・・。

その分エジプトではぶらぶらしてる日本人として、どこにいってもだいぶ人気者になりました。

動画を載せました。この動画はブログ用として短くしてますが、本当は5分くらい演奏しています。日本人たった一人の宴をどうぞご覧ください。











動画を載せましたが、ちゃんと観れるかな・・・。

【2009/01/24 22:23】 エジプト旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) top>>

エジプト旅行記?

ナイル川上のすてきなホテル

今日泊まるホテルはナイル川の中州に建っているすてきなホテルだ。

っとその前に・・・

もう慣れたお土産や回りが始まる。ツアーで旅行していると必ずと言っていいほど旅行会社が提携しているおみやげ屋に立ち寄るのだ。それは嫌ではないが、一生懸命に仲良くなったガイドさんが説明すると何となく買ってあげようかなという気になってしまうから困るのだ

でも今回の旅行は意外と立ち寄られるおみやげ屋が良い。

他の店で買おうとすると一つ買うまでに値段交渉のケンカ(ケンカではないが、そんな気になってしまう・・・)が始まるから疲れるのだ。

その点エジプトのお土産の定番の店に寄ってくれるので、今回の旅行に関しては助かることが多かった。

エジプトの定番であるお土産「パピルスで作った絵画」

その後、今日泊まるホテルへ。

なんとホテルがナイル川の中にある。そこまで船で行くのだ。何ともダイナミックな移動である。


「ファルーカ」というヨットのような船が、時間の経つことを忘れるかのようにゆっくりと世界最長の川を漂っている。

ここはどこだろうという錯覚に陥った。

日本では見られないこの雄大な景色

ふっとアフリカの大地に来ていることに気づかされる。

そんな絵画のような風景に見とれていると、見えてきた。



中州に建っているとてもすてきなホテルだ。部屋もきれいである。何度も言うが一人で泊まるのはもったいない


部屋はとてもきれいで広かった。


ロビーも開放感あふれる空間で高級感があった。

しかし・・・

こんなすてきなホテルの滞在時間は・・・わずか6時間ほどであった。
そのわけは・・・・次の機会に

ちなみにそんな短い滞在時間の間に、またまたいろんな事が起こったのである

【2009/01/14 21:42】 エジプト旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) top>>