エジプト旅行記?

王家の谷は神秘の場所だ。

とにかく聞いたことのある王の墓があちらこちらにたくさんある。あの有名なツタンカーメンの墓もある。しかも運のいいことに、ツタンカーメンのミイラが数週間前から、初めてこの墓で展示されているという。今まで来た観光者が見られなかったものが今目の前にある。体が震えるのが分かった。何千年も前の王がまだ生きているかのように目の前に横たわっている。そして入り口も分からないよう、歴代の王を眠らせるために掘った数々の墓のすばらしさに圧倒される。本当に人間の手で掘ったものなのだろうか・・・。とにかくすごい。


王家の墓の全体図をバックにガイドのモーセンさんと・・・。しかしこのモーセンさん、日本語がぺらぺらなので忘れていたが、こうやってターバンを巻くといきなりエジプト人に変身する。私もターバンをかって頭に巻いてみたが、これがまた涼しいのである。長い歴史で使われてきた物ってやっぱり意味があるんだな・・・。

王家の谷を観光した後、近くにあるエジプトで有名な石を使った加工品を置いている店に寄った。

ここでちょっと事件が発生する・・・

店は石で作られた置物がたくさん並んでいた。私は時間を確認しようと温度計付きの目覚まし時計を開き、時間を確認した。

すると・・・

一人の若い店員が近づいてきたのである。そして、手振り身振りでなにやら伝えてきた。

なにやらこの温度計付き時計が欲しいというのである。とにかくそのほしがりにはびっくりした。

そんな話には乗れないと拒否していたら、店の商品と交換しようと言うのだ。しかも店主には内緒で・・・。
若いその店員は勝手なやりとりをすると首になると言うことらしい。はじめは安っぽい置物と交渉し始めたが、「ふざけるなそんなやすい物と交渉するくらいならやめる」と強く言ったら、一気に値段が跳ね上がり、いい商品と交換しようと言うことになった。

まあ、これもいい思い出だと思い承諾した。

そして、店を出ようとしたそのとき、さっきの若い店員が私を呼び止めた。

「これも持って行け・・・」とある物を手渡した。みると加工する前の石だった。これまでの説明を聞いているとその石自体がかなり高価な物だと言うことは分かっていたので快くいただき鞄にしまったのである。

「おもしろいこともあるもんだ」と気持ちよくバスに乗り込み、その店を後にしたのである。

そのときは、知らず知らずのうちに怪しい世界に引き込まれ始めていることには気づきもしなかった。

ある言葉を思い出すまでは・・・。


これが石屋。不思議な雰囲気を持ったみせだったな。

アラビア文字のコカコーラ。暑い中のコーラは最高においしく感じる。石屋でかわいい子供たちが来店した私たちに得意気に配っていた

【2008/08/24 23:17】 エジプト旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

エジプト旅行記?

いよいよ王家の谷に出発である。途中ナイル川を渡ったがとにかくその大きさに圧倒される。



王家の谷につくとなにやら中途半端なところでおろされた。聞くと、王家の谷には車が近づけないらしい。谷を守るために排気ガスを出す車を立ち入り禁止にしているのだという。そこでここからは専用の電気自動車で移動することになる。

これが電気自動車。遊園地の乗り物みたいだ。


周りを見渡すとすべてが草木の生えていない岩肌の山ばかり。エジプトの人たちは山というとこんな山しか見たことがないという。日本の森林で覆われた山とはまるで違う。乾燥地帯の山ってどこもこんな感じなのだろう。


これがラムセス二世の墓の入り口。とにかくこのエジプト旅行での写真は寝ぼけた表情が多い。なぜかというと「まぶしいのである」写真を現像してみて分かったがほとんどの写真がまぶしそうに写っている。職場の人からは「目が腫れてるぞ」と言われてしまった。シャッターを押す数秒だけ目を開けるのもつらいくらいの日差しの強さなのだ。


王家の墓の一部。この下にまだ発見されていない墓があるかもしれないと考えると、その歴史の深さに身震いする。


午前11時前でこの暑さ。これからまだまだ気温は上昇するのである。昼過ぎになると・・・・地獄だ。

そうそう・・・

この温度計付きの目覚まし時計を巡ってある事件が発生することになろうとはこのときは思っても見なかった。

その事件はエジプト旅行にくる一ヶ月も前から始まっていた。

その事件とは・・・・・。

【2008/08/17 16:48】 エジプト旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>

エジプト旅行記?

初めてのアフリカ大陸での一夜。独特の空気の香りがするこの大地で深い眠りについていた。

何時頃だろう・・・。なにやら耳元から不思議な音が聞こえてくる。

もちろんこの部屋にいる生命体は私だけである。ゆっくりと深い眠りから現実の世界に戻ってくると、その音はさらにはっきりしたものになっていた。

ん・・・。どこから聞こえてくるのだろう。ゆっくりと体を起こしながらその音のもとを探し始めた。

部屋の中からではないらしい。外を見ると真っ暗である。時計は4時30分を指していた。簡単には開かない締まりの悪いガラス窓をゆっくり開けるとその音の正体がはっきりした。

なんとこんな朝早くに近くのモスク(イスラムの教会みたいなところ)からコーラン(お経みたいなもの)が大音量で流れているのだ。イスラムは一日に何度かメッカの方向に向かってお祈りをすることは分かっていたが、こんな朝早くからお祈りが始まるとは思っていなかったのである。

後で分かったが、昼間でもお祈りの時間にモスクの近くを通ると迷惑なくらいの大音量でコーランが流れる。私が泊まったホテルはある程度モスクから離れていたのでそれでもよかった方である。これがモスクの近くのホテルとなると寝ていられないくらいらしい。今後エジプトに行こうと思っている方がいたら、ホテルの場所とモスクの場所を確認した方がいいかもよ・・・。

そこから早めの一日が始まった。

今回の旅の中で、何個かのプチ目的がある。その一つは砂漠気候を体験すること。つまり朝と昼の気温差を体験したかったのだ。そのためにドンキホーテから温度計付きの目覚まし時計を購入してきた。

朝食のために部屋から出るとかなりひんやりとする。温度計は14℃を示していた。かなり気持ちがいい。そんな気持ちよさのまま朝食会場へ。

これが買っていった時計。朝早くの起床があるエジプト旅行では欠かせないアイテムである。朝4時過ぎから起きているのでかなり眠い・・・。



朝はかなり涼しい。昼間の地獄の暑さが嘘のようである。この写真よりも起床した時間ははもっと気温が低い。



朝食はそれなりにおいしかった。一人で食べているのでまあ少しの寂しさはあるが、海外旅行って一人の方が自由でいいと思うことが多いな・・・。



テラスから、今日見学する予定の王家の谷を臨む。ここから見ているだけでも壮大な景色が広がっている。



一人で食事しているところにかわいい訪問者が。こちらのスズメはあまり人間を怖がらないようだ。コーヒーを飲んでいるとかわいい訪問者に囲まれ、すてきな時間を過ごすことができた。またくるよ〜。

【2008/08/16 21:30】 エジプト旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>