エジプト旅行記?

バスを降りると日差しが痛い。エジプトの日差しは強烈だということは聞いていたが想像以上である。それでも3月は日差しがまだまだ弱いので観光には適しているという。夏のエジプト旅行は地獄だそうだ。


5分ほど歩くと神殿が見えてきた。まだ遠くだが神殿の大きさはわかった。

でかい・・・


見た目の大きさもそうだが、建造物から伝わってくる空気そのものから「でかさ」が伝わってくる。ただ大きいわけではない。何千年も前に人間がこんな巨大な建造物を造ったのだという魂が伝わってくる。

中でも圧巻だったのが「大列柱室」20mほどのきれいな柱が140本ほど並んでいる。写真で見てもでかすぎて伝わらないので載せないが、とにかくすごかった。体が身震いするほどであった。


彼はこの旅に同行したガイドの「モーセン」さん。この方のガイドは素晴らしい。日本語の発音、説明のうまさ、人柄、すべて完璧なガイドだった。このガイドさんのおかげで念願のエジプト旅行が最高の旅行になったと言っても過言ではない。


エジプトでよく見られる「オベリスク」発音は「オビリスク」に近い。この石柱が何十キロも運ばれてこのように立てられたらしい。その作業もすごい。


エジプトのどこに行っても必ず出会う「ラムセス2世」の像。ほんとにエジプト全土でラムセス2世に出会うことになる。

【2008/06/21 09:10】 エジプト旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

エジプト旅行記?

いや〜 やっとエジプトにたどり着いた。もちろん空港は問題なくきれいだ。しかし

「暑い・・・」

3月なのでそれほどでもないと思っていたがとにかく暑い。シャツを脱ぎたいと思ったが、すぐに移動すると言うことでとにかくエジプトポンドに両替しに行った。

・・・・両替が遅い・・・・・・

とにかく一人一人の作業が遅いのである。しかも受け取ったUSドルや他の国のお金が両替所に散乱している。

こんな仕事ぶりでいいのだろうか・・・・。しかも中国人が割り込んでくる。この旅でよく遭遇したのだが、とにかく中国人は堂々と割り込んでくるのだ。

やっと両替が終わったと思ったら、すぐにバスに乗るという。トイレで軽い服装に着替え、日焼け止め塗り大会へ。空港から出る前にとにかく日焼け止めを塗る。エジプトの日差しは殺人的なのだ。

やっとバスに乗り込むとゆっくりと走り始めた。エジプトの風景が目に入ってくる。

・・・・・・・・・・ん〜〜

思ったより緑が多いな・・・・。

ナイル川の水を用水路を造って引いているため思ってたより景色は緑でいっぱいだった。もちろんナイル川の近くだけだが、観光地といわれる人が住むところは結局ナイル川のほとりだけなので納得がいく。さすがは「ナイルのたまもの」と言われるだけはある。

バスは観光のスタートである「カルナック神殿」へ・・・・

エジプトで一番大きい神殿だという。

胸が高ぶった。そしてバスがひしめき合うカルナック神殿の駐車場へたどり着いた。

さあエジプトを感じてこよう。

日本から持って行ったミネラルウオーターを片手にバスを降り立った。




バスからはあふれんばかりの緑が・・・。さすがはナイルのたまもの・・・。

【2008/06/13 00:05】 エジプト旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

エジプト旅行記?

アナウンスが流れた。いよいよエジプトである。電光掲示板には「ルクソール」という文字が・・・。
ここからもカタール航空だ。それはそうとカタール航空の客室乗務員は国際色豊かである。名前を見て確認できただけでも、日本人、韓国人、ロシア人、アラブ人、そして名前だけではわからない方々がそのほかにも数人いた。今のアラビア半島は国際色豊かだとは聞いていたが、これほどにたくさんの国の乗務員がいるとはびっくりである。海外旅行に行くと、めちゃくちゃな英語でなんとかやり抜く私であるが、いざというときにはやはり日本人の乗務員だとほっとするもんだ。

3時間ほど飛んだろうか・・・。気がつくと着陸態勢に入っていた。席は通路側だったのでアフリカ大陸を目の当たりにするのはまだまだだったが、窓側の人が「おお〜」と声をあげるたびにアフリカ大陸の鼓動を感じることができた。

だんだんと高度が落ちていく。着陸寸前になって、初めて通路側の私の席からもアフリカ大陸の景色が見えてきた。そしてあっという間の着陸。

とにかく着陸がうまい。旅行にくる前から、アラビアのパイロットは操縦がうまいと聞いてきたが納得である。理由は、時期になると砂嵐でとんでもない強風の中、離着陸を繰り返すからだという。特にエジプト航空のパイロットが最高にうまいらしい。

飛行機を降りて周りを見渡すと一面の砂漠。こんな空港は初めてだ(もちろんであるが・・・。エジプトのにおいがする。何となくにおいがするのだ・・・。なんと言ったらいいのだろう・・・。とにかく砂漠のにおいがしたのだ・・・。

エジプトだ・・・アフリカだ・・・。高ぶる気持ちを抑えながら空港へと足を踏み入れた。


みんなエジプトの香りに感動している

飛行機を降りたら砂漠だらけ・・・。こんな景色初めてだったのでいやが応にも心が高ぶった。

【2008/06/04 23:28】 エジプト旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>