ロシア・北サハリン 過酷な釣行紀 28

医者から目の宣告を受けた後、久しぶりに例の夢を見た。

いつものように昔からの友人が現れ、そして消えていく。

だんだんと最近の友人が出てくると、ゴールが近いことが分かる。

また門番がいるのだろう・・・。夢なのに冷静に夢を分析している自分がいる。

ゴールが近づいた。  門番が立っている。  暗くて顔が見えない。

いつものことだ・・・。

しかし、今日はいつもと違う。

門番
に近づいても声をかけてこない。

暗闇で顔が見えないが、笑っているのが分かる。

そして私はゴールの扉の前で立ち止まった。

いつもは立ち止まることもなく声をかけられ、扉が開けられる。



いつもと違う・・・・。

そう思った瞬間、門番が声をかけてきた。

「やっと分かってくれたんだね。安心したよ。この時を待ってた」

そういっていつものように扉を開けてくれたのだ。

今日は扉の向こうを見ることができる・・・。

そう思っていた。

その時、門番が再び声をかけてきた。

「これからだね・・・・・・」





そして、目が覚めたのである。

私はその時気が付いた。

この門番は・・・・・・・・

「私自身」・・・・・だと・・・・

目の障害を伝えたくて、10年以上も前から現れていたのだ。

それはそのはず、知らないままコンタクトを続けていたら、今はもう失明していたかもしれ

ないのである。

この障害は、絶対にコンタクトを使用してはいけない。私は、コンタクトが苦手で、

スポーツをするときだけしか使用していなかった。それが幸いし、なんとか失明せずに

済んでいたのである。

この障害が分かっていたら、医者は処方箋を出してはいけない。10年ほど前、私にコン

タクトの処方箋を出した有名な眼科医に、この障害が分かってから診察してもらった。



医者は、頭を下げて謝った・・・・・・・。



しかし、医者は悪くない。その障害を判明できる機械は最近発明されたらしいのである。

それに、こんな症例は皆無に近いのだ。

今、その病院の私のカルテには、いつでも角膜移植ができるように、大きい病院への

紹介状がはさまっている・・・・。


「門番」
・・・・・・・それは私自身だった。いったい何年後の私なのだろう。



私はそれからその夢を見ていない・・・・・

久しぶりに門番が現れたのは、この旅が始まって2日目のことだった。

その時の門番と交わした会話。それは・・・・・。






【2008/02/25 23:02】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

ロシア・北サハリン 過酷な釣行紀 27

この旅を成功させたかった理由・・・

門番が誰かが分かった理由・・・

それはちょうど2年前、ある医者の宣告から始まった。

2年前の今頃、冬はスキーをしている私は、ある大きなスキー場で練習をしていた。

いつもは何ともないコースで大転倒してしまったのである。右目の下を切った。

案の定3針塗って、事なきを得た。右目のけがが治りそうだという頃、スポーツをするとき

だけ使用する使い捨てのコンタクトが無くなって来たので、処方箋を出してもらおうと思い

両目を見てもらった。すると

「左目に傷がありますね・・・」

と医者。実は物心ついた頃から眼科に行くたびに「左目に傷がある」と言われ続けてきた。

そして、医者には決まって「まあ大したことではない」と言われていた。

今回もか・・・。そう思って聞いていたが、実はその頃左目の見え方に疑問を感じていたので、

「昔から傷があるって言われてますが、これから影響が出ないのですか?」

と聞いた。医者は「大丈夫でしょう」・・・と予想通りの反応。しかし、左目の見え方が

おかしかったので、何とか調べることができないかと懇願したところ、精密検査を行うことに

なった。

待合い室で結果を待っていると、なにやら診察室が騒がしい。数分後看護婦が来て、

また写真を撮るという。

待っていると、「もう一度撮る」と看護婦。いいだけ3回も写真を撮った。

10分くらい経って診察室に呼ばれた。

なぜか医者が目を合わせず、おどおどとしている。

そして、開口一番・・・・

「よく聞いてください。あなたの

左目は近いうちに見えなくなるでしょう。」


私「はあ?」

医者が何を言っているのかわからなかった、その後その症状について説明してくれたが、

まるでプールの水に中に入ったまま声を聞いているように私の耳には届くことはなかった。

しかし、現実は先述の通り。

何分間説明を聞いていただろう。帰りはどうやって帰ったかよく覚えていない。


病名は・・・(病気とは言えないものなのだが・・・)

「角膜内皮障害」

病気言うよりは、名前の通り「障害」と言った方がより近いだろう。

今すぐに見えなくなってもおかしくないという。

その後、今に至る2年間でいろいろな事があったのだが、それはサハリン釣行の記事が終了

したら、改めて詳しく載せたいと思う。

とにかく確実なのは、

「近いうちに左目が失明する」

ということ。それだけは確実なのである。

そして、門番が誰なのかが、この宣告を受けてから分かることとなった。

「門番」その正体とは・・・・・

 

【2008/02/21 23:37】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) top>>

ロシア・北サハリン 過酷な釣行紀 26


「・・・俺の・・・」


と・・・門番に話しかけようと横を見たときには、すでに門番の姿は消えていた。

もちろんバスの中を見渡しても見つからない。まあ、いつものことだ・・・。



門番の事は、10年ほど前から知っていた。でも、門番に気が付いたのは

2年ほど前である。

そして話をしたのはこのサハリンに来てからが初めてだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は10年ほど前から1年間に2,3回ほど全く同じ夢を見ることがある。

その内容は次のようなものだ・・・。

ある学校の廊下を歩いている場面から始まる・・・。私はその廊下を歩いている。流れていく

景色はもちろん教室だ。すると、初めの教室には幼稚園の頃の友達があふれ、私に向かって

手を振っている。次の教室では小学校1年生の頃の友達が手を振って、私の名前を呼んでいる。

次の教室は、小学校2年生・・・・・・・

というように、昔の同級生が次々と現れ、だんだんと最近の友人が現れるのだ。顔を合わせる

たびに、「久しぶり」と声をかけ、たわいもない話をする。そして、最近の友人が現れると

長〜い廊下の突き当たりが見えてくる。廊下は暗い。教室だけに明かりがともっている。

廊下がどうなっているのかの判断がつかないくらいである。

すると、廊下の突き当たりだと思われるところに、必ず一人の男が立っているのだ。

そして私はいつものように話しかける・・・

私「やっとついた。外を見てもいいかい?」

男「ああいいよ。さあどうぞ・・・」

と突き当たりのドアを開けてくれる。その瞬間にものすごい光がさしこみ、

まぶしさで目がくらんでしまう。もちろん、外の景色なんて見えたものじゃない。

ドアをくぐり、さあゴールだ・・・と思うところで必ず目が覚めてしまうのである。

そのドアに立っている男の顔は見たことがない。いつも逆光で見えないのだ。

そして私は、いつからか夢の中に出てくるその男のことを

「門番」

と呼ぶようになった。

その門番が誰なのかが分かったのが2年ほど前だった。分かった理由は、自分の身体の

ある秘密に関係しているのである。

今回の釣行をなんとしてでも成功させたかった理由の一つでもある。

その秘密とは・・・・。

【2008/02/20 22:54】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

ロシア・北サハリン 過酷な釣行紀 25

(久しぶりのサハリン紀行です・・・しばらくですみません)

(隣に座った門番と話を始めた私。門番は私の心の核心をついてきた・・・)

門番「やっぱりそうきたか・・・・・・・。聞きたいかい。本心で聞いているのなら答えるよ。それが君の今の希望であればね。」

「あのさ・・・・」

門番
「ふむう・・・」

「あのさ・・・本当は聞きたいところだけど、どうも決心がつかないんだよな。それは聞いて自分のためになる結果なの?」

門番
「それは分からないさ、分からないと言うより教えられないと言っておいたほうがいい。なぜなら、俺が答える事は答えになっていない可能性があるからね。なぜなら・・・」

「なぜなら・・?」

門番
「・・・いや、ここからは君の判断だよ。ただ確実に分かっていることは、他の誰に聞いても答えを知らないって事かな。」

「それじゃあ、違うことを聞いてもいいかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの廊下にいたのは君なのかい?」



門番
「・・・・・・・・・」

「ほうら答えられないね、やっぱりあの廊下にいたのは君なんだね・・・」

門番
「・・・・・・・他にもいたんじゃないか?」

「いや、廊下から見える部屋にはみんながいたけど、廊下には君しかいなかった。」

門番
「分からないな・・・その答えは僕の中にはない。確実に・・・」

「確実に君だと思う。たとえそれが不確実でもね・・・」

門番
「不確実なのに『確実』っておかしいだろ」

「いやいいんだ。君の場合はね」

門番
「まあいい。それじゃあえて『不確実で確実』と言うことにしておこう。更にあえて聞くと、もし廊下にいたのが僕だったらどうしたいんだい?

「廊下にいたのが君だとしたら、僕は君にあのことを確実に聞きたいと思う。」

門番
「・・・・」

「ふむう・・・返事できないな・・・やっぱり君だったんだね。じゃあ聞くことにしよう。まだ見えてるのかい・・・俺の・・・・」



【2008/02/19 23:40】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

祝? 機種変更

土曜日、携帯を新しくしました。

昼にメールを打とうとしたところ、数個のボタンが全く反応しなかったのです。

今までも調子悪いことがあったので、とりあえずどんな機種があるのかを確認するために

auショップに寄りました。

私の性格上、一万円以上の買い物は慎重になるのですが、携帯って使えなくなると非常に困る

ものだと改めて感じたので、勢いがついたら買っちゃえと思って機種を見ていました。

すると、いまコマーシャルをやっている、防水の携帯があったのです。

釣りの好きな私は、今まで何度も携帯水没の危機に遭遇してきました。川に落ちる寸前で

ナイスキャッチが何度もあったのです。

その度に自分の反射神経の良さに惚れ込むこととなりました。

いつまでも緊張感を持って釣りをするのもどうかなと感じ始めた今日この頃。

携帯ボタン不具合との相乗効果で、珍しく購入方向にに勢いがついていました。

そして買ったのが、

写真の携帯です。前回はオレンジ。今回はイエロー。色キチガイと思わないでくださいね。

原色が好きなのです。

それと、対応してくれたかわいい店員の子が

「釣りするんなら、夜でも見えやすい派手な色の方がいいですよ」

と素敵な笑顔でアドバイスしてくれ、その一言で一気に買う気が100%になりました。

どれだけ防水なんだろうね。とりあえずお風呂でテレビ見てみます。

あの店員の女の子、あんなかわいい笑顔で売ってるんなら、

お店でナンバーワンの売り上げなんじゃないのかな・・・

ありがとね、素敵な笑顔の店員さん






【2008/02/17 20:18】 デラ日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) top>>

出会い・・・

 2月12日、いつもコメントをくれるMR−(M)さんとお会いすることができました。

青森へ出張に来ると言うことだったので、一緒にお酒を飲ませて頂きました。もちろん

初めてお会いする方だったので緊張しましたが、彼も釣り好きのアングラー。すぐにう

ち解け、釣り談義で盛り上がりました。共通の趣味を持っているっていいですね・・・。

それだけで心が伝わります。是非私の地元にもきてくださいと言うことだったので、いつ

かおじゃましに行きたいと思います。ブログでの出会い・・・。それもありですね〜。

本当に楽しかったです。

出会いは財産・・・大事にしていきたいですね

【2008/02/15 21:16】 デラ日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

誕生日

 え〜 私事ながら 本日誕生日を迎えました。

誕生日というと必ず思い出すことがあります。

あれは29歳の誕生日でした。

職場で、

「三十路まであと少し・・・」

というメッセージをいただきました。

そこで私はとんでもない事を叫んでしまったのである。


 「『さんじゅうろ』って・・・・・何?」

まわりは地球温暖化なんてどこの風、かのように凍り付きました。

私は根っからの理系の人間。

それを思い出す誕生日の前後の数週間、毎年のように漢字検定の問題集を出してくる

私であった。

「三十路」

読めない人たまにいるよね!

いないか・・・。

まあいい、今日も漢字検定の練習だ。  

別に受ける訳じゃないけど・・・。

日本人として、最低限の常識くらい身につけてやる。


その場にいた40名の人たちは毎年笑っているんだろうな。


【2008/02/06 21:14】 デラ日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) top>>

インフルエンザ予防接種

 2月2日、土曜日、インフルエンザ予防接種をしてきました。

なぜ今頃・・・? と思うかもしれませんが。そのうち分かると思います。

何処で接種しようかと電話をかけてまわっていると、

「効果が出るのは2週間後で、今、流行の真っ最中ですよ。打ってもすぐかかる可能性が・・」

もちろん分かってる。でも予防接種したいんだからやってくれよ。

と思いながら病院に向かった。

病院じゅう 「なぜ今頃・・・」的な雰囲気がムンムン。

打つ前の説明も長かった。「効果が出るのは・・・・」

分かってるから早く打ってくれよ!  
と心の中で叫びながら笑顔で聞いていた。

打ち終わったらベテランの看護婦が

「正直言って、今うつのは遅いんですよ〜」 と。

そこまで念を押すか。まあいい。

かかるんなら今すぐ。とにかく1ヶ月後にかかっていなけりゃいいんだ。

なぜ1ヶ月後かって?

それは、そのうちブログで紹介します。

そんなに今打つのっておかしいか〜?

【2008/02/04 23:13】 デラ日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>