ロシア・北サハリン 過酷な釣行紀 21

さあユジノサハリンスクヘ

 民家での食事を終え、ユジノサハリンスクに向かう時間がやってきた。お腹が満たされ

るというのは、人間の基本的な欲望を満たしてくれるということらしい。みんな大変だった

ビバーク生活を笑いながら会話にしている様子を見ていると、本当にサバイバルをしていたのかと疑問に思ってしまうくらいだ。それほど安心してお腹を満たすというの

は人間にとって大切なことなのだと実感した。
(日本じゃこんな気持ちにはならないだろうな・・・飽食日本ではね)


いよいよ出発である。元気にバスに乗り込み始めたそのとき・・・川監視のロシア人がなに

やら呼んでいる・・・「オドデラ・・・オロテラ・・・オドデダ・・・」何とも発音がおか

しい。ロシア語ではないことは片言の発音からわかった。よく聞くと日本語を言おうとして

いる。その言葉は・・・・

「私の名字」
である。

というか「私の兄」を呼んでいるらしい。

見ると手には多くのビールが。なんと、私の兄にもらったルアーのお礼にビールを持って行け

というのだ。思いがけず大量のビールを手にした私たちは、のどを潤しながら快適なバスの旅になる期待でいっぱいだった。

・・・・・・

そうそう、ここで少し私の兄について触れておきたい。兄は特殊な能力を持っているとこの

旅で確信した。それは・・・・

「言葉が通じない相手と仲良くなれる」特殊能力である。

いつの間にかロシア人と仲良く話している。もちろんロシア語は話せない。しかし、確実に

気持ちは通じている。キャンプ中もロシア人2人と、私たち兄弟2人の4人で食事をしたと

きがあったが、なにやら盛り上がり、軍人さんから大事なバッチをもらった。

ついでに私も・・・・。多分、アマゾンで初めて見つかった部族の中に入っても、宇宙人が

降りてきても、彼なら仲良くなれるだろう。ヒグマでも・・・そりゃ無いか・・・。

そんな兄から釣りで使う日本製のルアーをもらったことがとてもうれしかったらしく、ルア

ーが大量のビールに変わったというわけだ。まあ、何はともあれみんな兄に感謝したのは言うまでもない・・・・。


民家の倉庫前で・・・これは私である

【2007/12/17 20:51】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) top>>

サウナで「集合!!」

サウナで「集合!?」

以前男子風呂の中に若い女の子が入ってきて掃除やタオル替えをする不思議な温泉があるっ

て言う記事を書いたことがありますが、今日、いつもと違った体験をしてしまった。

案の定サウナに入っていたら、今日もマットを替えに若い女の子が入ってきた。私は恥ずか

しくていつも隅によって待っているのだが、中には堂々と下を隠さず立っているオヤジ達がいる。

しかし、今日は珍しくほとんどのオヤジ達が恥ずかしかったらしく、

といっても当たり前のマナーだと思うのだが・・・、

皆さん一番下の段に降りてきて、隅に寄ってきた。

するとどうだろう、

まるで中学生が部活で「集合」し、監督の指示を聞いている状態に・・・。

しかも全員が素っ裸。みんな近くによって何とも言えない空気が流れてしまった。

大人の男達が裸で密集している状態・・・皆さんは想像できますか?

不思議ですよ〜



【2007/12/12 20:29】 デラ日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) top>>

ロシア・北サハリン 過酷な釣行紀?

リンさんの話

今から60年も前、太平洋戦争が終わるという頃、サハリンはまだ日本の領地だった。

その頃、サハリンで働くために朝鮮半島からかなりの人たちがサハリンに渡ったらしい。

日本が強制的に連れてきたという話もあるが、調べてみると仕事は高給なので希望して渡っ

てきた人たちがほとんどだということだ。

いよいよ終戦というある日・・・・

日露不可侵条約をロシアが破棄し、サハリンの日本領土に攻め込んできた。その速さといったらとんでもな

かったらしい。そこで日本政府はサハリンの日本人を本土に戻す計画をたてた。一日も

早くサハリンから脱出しなくては命の保証がないというある日、迎えのバスが来たらしい

が、リンさん一家は満員のバスに乗ることができなかった。



「明日のバスにのってくれ」


と言われ、リンさん一家はしょうがなく待つことにした。

そして・・・・・・

二度と迎えのバスが来ることがないまま60年が経ったのである。

日本政府は韓国籍である彼らを救うことはなかった・・・・。

希望してサハリンに渡った彼らを救う必要がなかったという意見もあるが、ともに日本の

ために働いた彼らを簡単に切り捨てる流れが実際にあったと言うことだろう。

歴史ってつらい現実を持っているものである。


真ん中がリンさん。左が民家のおばさん。その他は旅の仲間である。


帰りも名残惜しそうに見送ってくれたおばさん。いろいろ話を聞いた後なのでなんとも別れがたいものがあった。

これは何だったっけ・・・忘れた(笑)

【2007/12/10 20:40】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) top>>

サケ釣り楽し〜

週末、サケ釣りに行ってきました。近くの川で、サケ釣りをさせてくれる川があり、どんなも

のかと申し込んでいたのです。結果は6匹・・・。といってもリリース禁止なので小さいヤツ

は足下で頑張ってはずしました。結局キャッチは大きいヤツ2匹。サケ釣りは初めてでしたが、

かなり引きますね。まあ、川までのぼってきた奴らだから海のサケよりは元気ないはず。それ

でもこの時期にこの釣りはいい暇つぶしになりましたね。もし良かったら来年どうですか?

関東からもかなり来ていますよ。青森県の奥入瀬川です。1日4000円。早めの申し込み

が必要です。






【2007/12/04 23:47】 釣りレポート | TRACKBACK(1) | COMMENT(1) top>>