ロシア・北サハリン 過酷な釣行紀?

ビバーク脱出!

 助けの二人が戻ってきてから、4時間ほどが経った。半信半疑のまま待っていたら、遠くか

ら車の音が・・・。どう聞いても自家用車ではなく、確実にもっと重みのある重低音が聞こえ

てきた。誰もがそれと信じて遠くを眺めていると・・・、

「来た!!!」

マフィアじゃない。助けのトラックだ。そのトラックが目に飛び込んできたときの喜びは今

でも忘れることはない。やっとこのビバークから脱出できるのである。

助けのトラックに荷物を入れると、荷台がいっぱいになった。元の装甲車より小さいのでしょ

うがない。人間が荷物の隙間を探して乗るしかなかった。急いで乗り込み、車を走らせようか

というとき、ドライバーとコックが乗っていないことに気が付いた。聞くとその2人はここに

残るという。まあ、壊れた装甲車もあるからしょうがないが、またこの二人はビバークを続け

るのだろう。仲良くなったドライバーに短い別れをし、なんとも複雑な気持ちで車を走らせた。

そのときドライバーと握手をしながら「スパシーバ」と声を交わしたことを今でも昨日のこと

のように覚えている。とにかく脱出することに成功した。

しかし・・・・・。あと5時間でユジノサハリンスク〜ハバロフスクのフライト時間になる。

どう考えても無理だ。逆算すると、ここから最低でも15時間はかかるはず。間に合わない

とわかっていても、今は移動できる分移動するしかなかった。とにかく近くの街へ・・・。

そこから次のことを考えよう。


そして少しだけ軌道に乗った日本への帰還道に心を落ち着かせながら、

自分の中にずっと隠れていた睡魔が現れ、私をひとときの眠りに引き込んでいった・・・・。


荷台が荷物でいっぱいに・・・。とにかく乗るしかなかった。

来るときは見られなかったサハリンの景色にみとれ、ロシアの自然を語りながら隣の街を目指した・・・。ちなみに帽子の内側に張ってあるシールはアウトドア用の虫除けシール。気休めでしかなかったが・・・。

【2007/10/28 21:19】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(6) | COMMENT(1) top>>

これがマグロTシャツ

これがマグロTだ

ある友人から「どうしてもマグロTが見たい!!」と懇願され続けたので、載せます。

写真は毎日通っているジムで・・・。このTシャツをきてトレーニングしていると、横目で

チラチラと見る人がかなりいた。なんか気になるらしい・・・・・(オシャレなかっこうで

トレーニングしてる人多いからな〜)とりあえずもともと釣り師の私なので、このTシャツ

がなんともしっくりくる。




チラチラ見てるあの方々、欲しいなら欲しいって言ってくれればいいのにね。いくらでもさわ

らせてあげるのに・・・・。日本人はシャイだぜ


大間にて・・・。こんなかっこうして写真撮ってる俺を観光客の方々は楽しそうに見ていた。このあと、変なかっこうして写真を撮る人が増えたのは俺のせいかも・・・。

【2007/10/25 21:24】 デラ日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

ん〜 こんな秘湯もあるんだな・・・

先日青森県むつ市にある奥薬研温泉郷に行ってきた。なんと目的の風呂に数分遅れで行った

ため入れず、そこのオヤジさんから近くの無料・混浴・24時間OKの風呂を紹介しても

らった。一つ目の風呂に行くと電気と脱衣所もあり、意外と入りやすい。しかし気になっ

たのが2つ目の温泉の名前だ。1つ目は「カッパの湯」と言うのだが、2つめは

「隠れカッパの湯」

と言うらしい。なんか気になりそっちに行くことにした。ここから下に30m程行ったとこ

ろだという。期待して車を走らせると・・・何もないではないか。Uターンしてもう一度探

してみた。・・・・やはりない。だまされたのだろうか。近くでキャンプしている人に聞

いたら、「あるよ」とのこと。しかし、電気がないのでランタンでも持って行かないと真っ暗

だよと言う。なるほど見つからないわけだ。もう一度チャレンジしてみた。次はヘッドランプ

で森の中を照らしながらの探索(まさかこんなところで釣りに使うヘッドランプが役に立つと

はね。)ゆっくりと真っ暗な森の中を照らしていくと、なんとあるではないか。脱衣所もな

い光もない湯船だけの温泉が。早速入浴。いや〜気持ちいい。目の前は渓流。自然の音も最高

である。すると、オヤジさんが一人で入ってきた。声をかけると「兄ちゃんそのランタンを消

してみなよ。月明かりで全部見えるぜ」・・とオヤジ。その通りにしてみた。なんと・・・・

月明かりだけですべての景色が浮き上がってきた。何という幻想的な風景だろう。その後もそ

のオヤジさんと風呂談義をしながら素敵な夜を味わった。

 ちなみに、そこのお風呂は管理人がいないので、そのオヤジさんらの有志で風呂掃除をしてい

るらしい。いやいや感謝である。皆さんも一度お試しあれ。ちなみに昼間は道路から丸見えなのであしからず・・・。


【2007/10/18 19:57】 温泉コラム | TRACKBACK(4) | COMMENT(1) top>>

ロシア・北サハリン 過酷な釣行紀?

マフィアが去ったあと、また長い静けさが戻ってきた。

「助けに行った二人はどうなったのだろう」

お互いに心の中でそう叫んでいたが、もう口に出して話題にするものはいない。

ただただ待つしかなかった。

2時間ほど経った。なにやら車の音が聞こえる・・・。かすかな期待を込めて道路の果てを

眺めていた。

車が来た。真っ白な新しいランドクルーザーである。「またマフィアか?」
そう思った瞬間、

目の前で車が止まり、懐かしい二人が降りてきた。助けに行ったあの二人である。やっと戻って

きた。

ちょっと待てよ、二人は戻ってきたが、どうやって脱出するんだ?

さらに二人の話を聞いて二人の過酷な道のりもわかった。

なんと、車が通りそうな隣の道路まで5時間ほど歩いたらしい。しかも、ヒグマに何度も遭遇

しながら・・・。その道路についたら、車が通るのを待つためにたき火をした(かなり寒かっ

たのでたき火をしないと助からなかっただろう。)そしてさらに3時間ほど待った朝方の4時、

やっと通った車に助けを求めたらしい。そのドライバーもあまり乗り気じゃなかったらしいが

頼みに頼み込んで近くの電話がある集落まで乗せていってもらったという。しかもその助けて

くれたひともマフィアだった。

助けのトラックをよんだらしい。しかし、隣町から来るまで3時間はかかる。

助かる希望が出てきたのでがぜん元気がわいてきた。すぐに荷物を載せられるように荷物をま

とめて待つことにした。

さあ、あとは助けのトラックが来るのを待つだけだ。

しかし、これほどあり得ないことが続くと、本当に助けが来るのかという疑問を持ってしまう

ことはみんなも同じだった。とにかくまつしかない。

遭難脱出まであと少し・・・。無事脱出できたと思いますか・・・?

助けが来ることがわかり、荷物をまとめているところ、助けが来ることがわかって元気が出てきた。


【2007/10/15 06:47】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

うそ!? 吉牛で米なくなる

吉牛で米がなくなった!

 10月13日(土)
 昼ご飯を食べに近くの吉牛に行ってきた。私は牛丼がなくなってから豚丼にはまり、牛丼

が復活した今でも豚丼を食べている。なんとそんな吉牛であり得ないことが・・・。

 注文した豚丼が来て食べていたら、次に来たお客さんに店員がなにやらお詫びしている。

よく聞くと、「ご飯が切れたので20分ほどかかります」との声。吉牛に来て20分も待つ

なんて意味がないだろう。ほとんどの客が帰っていった。吉牛でもそんなことがあるんだな・・・。

ん・・・ちょっと待てよ。俺の次に来た客からご飯がないってことは俺が最後の客だったわけだ。

吉牛炊飯ジャーラストライスを俺が食べたことになる。

なんとなく優越感に浸りながら豚丼を食べ尽くした。

どうでもいいことだけど、なんかうれしい。

まあ・・・どうでもいいことなんだけど・・・・・・

  本当に   どうでもいいことだ・・・・・・・・・・・・。

   ロシアの旅日記とスケールが違いすぎてすみません・・・

次は必ずロシアの続きを載せます

 


【2007/10/13 14:25】 デラ日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) top>>

いえーい

本州最北端到達

今日は天気が良かったので、ぶらっと大間に行ってきました。

そして・・・

ちょっと昔に話題になった、「マグロ一筋」ティーシャツ、ゲッツ

Tシャツと一緒に、本州最北端到達の証明書が来たが・・・・これって誰に見せればいいの?Tシャツ

を着るときに持ち歩かなきゃいけないのかな〜 

誰か教えてチョ


【2007/10/06 21:56】 デラ日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

ロシア・北サハリン  過酷な釣行紀?

マフィアと!?遭遇




夜は寒かった・・・。ジャッキで持ち上げたままの車の中で寝ようとしたが、あまりにも寒

くて外のたき火にあたることにした。たき火は消さないように誰かが見なくてはいけないが、

どうせ寝られないんだったら暖かいたき火のそばで起きていた方がいいと思い、たき火の

番をしていた人と交代した。

あたたかい・・・。周りには光もない。耳に入ってくる音はたき火のパチパチという音だけ・・。

こんなにたき火ってあたたかくて落ち着くものだったろうか。

大昔の人が火を大事にした気持ちがよく分かる。疲れた心を癒しながら、猛獣からも身を守っ

てくれているたき火が心強かった。時間がゆっくりと過ぎていく。


朝方、懐かしい音が聞こえてきた。車の音である。もしかして・・・。期待に胸をふくらま

せながら、音が聞こえてくる道の果てを眺めていた。

現れた車はなんと・・・日本車のマーク?。降りてきたのはジャケット姿の男である。どう見てもこんな山の中には似合わない。

なんと。マフィアだった。

このあたりは、マフィアが魚で大もうけをしているらしい。要は乱獲しているという噂。

こちらのドライバーと軽く話をして消えていった。

いやはや、マフィアと会うとはね・・・・。さあ俺たちはどうなるのだろうか・・・・。

【2007/10/05 16:53】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>

また秘湯発見!?

いや〜。またすごい温泉を発見した。

看板があるのは知っていたが、建物を見たことはなかった。八甲田山の山の中。7時過ぎに

行ったので真っ暗闇だった。道路から横道にはいると、光が無くなる。すると、かすかに見

えた光の中に民家のような建物が見えた。入り口もわからない。それらしい光を見つけて入っ

てみると、民家の居間のような、ロビーのような・・・。

テレビの前のマッサージいすにおじいさんが座っていた。

私   「すみません、ここの方はいらっしゃいますか?」

じいさん「風呂かえ?8時までじゃよ」

私   「(ここの人か・・・)ああ、いいですよすぐあがります」

じいさん「350えんじゃよ」

私   「はい350円。おじゃまします」

まるで近くの家におじゃましたような感覚。ぼーっとした明かりの廊下を歩いて風呂場に行

った。誰もいない・・・。風呂は感じがいい。においでお湯の良さがわかる。確かにお湯は

最高だった。露天に出てみてさらにびっくり。女子風呂とのしきりが無いも同然。ほとんど

混浴。しかし何回も言うがお湯は最高。ほのかな光の露天で最高の時を味わったのである。

風呂から出ると居間(ロビー?)におじいさんとおばあさんが座っていた。

出てきた私に見向きもしないで・・・。

う〜ん。あまりにも味のある温泉だ。こんな温泉があったとは・・・。皆さんも一度お試しあれ


これが入り口、近寄らないとここが入り口だとはわからない。


風呂は最高である。しかし、シャワーはなくカラン一つだけ。お湯と水にも分かれていない。もちろん温泉水。カランが一つだけの洗い場は初めてだった。

【2007/10/02 21:14】 温泉コラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) top>>

釣ったぜ!! 幻の魚「イトウ」

ついにやりました。80cmのイトウをゲット




9月29日(土)

 今日は今年の渓流釣りラスト日として、そして15年前の大学時代によく通っていた場所

を巡る思い出の旅としての目的を持って車を走らせた。。初めに行った川でイワナ、ヤマメ

を数匹釣り上げ。気づいたら昼になっていた。大学時代によく通った川だったので懐かしく

てゆっくり釣りをした。この川の釣行を終えると、また懐かしい場所に行きたくなり、さら

に車を2時間走らせた。イトウを狙いたい・・・。

  某場所で・・・

 15年ぶりだろうか、久しぶりにここに来た。地元の人に聞いてみると今年はイトウがあ

がったのを見ていないとのこと。まあここまで来たから記念に竿を振っていこうと、本当に

軽い気持ちだった。

 久しぶりだったので、底の形を確かめるために重めのスプーンを投げ入れて底を取ってみ

た(深さ、地形を測った)。なんと根掛かりの連続。10分間で5個もスプーンを無くして

しまったのである。しかし、根掛かり覚悟のキャストで、底の形と障害物の場所を確認できた。

 ここで秘密兵器登場。底を攻めるために用意したあるもので勝負に出た。

第一投目。確かに思ったところで障害物に当たる。しかし、根掛かりはない。予想通りだ。

第二投目。またまた障害物に当たる。見えない底をイメージしながらルアーをコントロール

する。いい感触だ。

第三投目。障害物にぶつかる感触を確認しながら障害物を越えた。

ん・・・?

また障害物か?。

先ほどまで無かった障害物の衝撃がロッドに走った。その瞬間グングンっと野生の力が伝わる。

「イトウだ!!」

15年前に何度も釣り上げていたイトウの感触が身体にしみこんでいた。

針は小さくはずれやすいので、とても慎重だった。昔はイトウの鋭い歯で何度もラインを

切られている。数分の格闘の後、無事にネットに中へ。いや〜久しぶりだったねイトウ君。

近くの店のオヤジさんに見せると、オヤジさんも久しぶりに見たと感激していた。




懐かしの場所を巡る旅のフィナーレとしては最高の旅でしたよ。また近いうち

に来よう。待っててね「イトウ君」


ちなみにこのカメラが大活躍。完全防水、防塵なのでどんな手で触っても水で洗い流すこと

ができる。今回はセルフタイマーで取ったので、べたべたの手で操作した。土砂降りの日で

も大丈夫でしたよ。釣り師のカメラだなこれは。




【2007/10/01 22:34】 釣りレポート | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) top>>