ロシア・北サハリン  過酷な釣行紀?

2007 6.20(水)?

 やっと目的地に着いた。いや〜長かった。クッションのない軍用車で24時

間。おしりはかなり鍛えられたようだ。足元を見るとでかい熊の足跡が・・。

こえ〜、こえ〜よ。ちょっとビビリながらすぐに支度をし、川へ

向かった。ちなみにベースキャンプとなる場所は食事用テント一基、宿泊用テ

ント2基である。釣りの準備をしている脇であれよあれよという間に軍人さん

2人で作りあげた。さすが軍隊、無駄な動きがない。釣りを始めたのが午後の

四時。6月の北はサリンは日没時間が10時を過ぎるのでまだまだ釣りができ

る。とりあえず様子を見るために近くのポイントでロッドをふった。初めはな

かなか魚を見ることができずに焦りを感じたが、20分ほどたった頃手応えが

あった。小さなイワナである。その他何匹か釣ったがどれも小さいサイズだっ

た。まあ、初日の試し釣りなのでよしとしよう。




 ベースキャンプに帰ると夕食が用意してあった。この旅にはロシアのコック

がついてきている。何が出てくるのかと思いのぞいてみると、なんと白米(日

本とあまり変わらない)にフレンチドレッシングがかかっているようなサラダ

をかけて食べるとのこと。ロシアではこうやってたべるらしい。なんとも想像

しがたい組み合わせである。おそるおそる口にしてみた・・・ん〜〜〜・・・

まあまあかな。思ったほどびっくりする味ではなく、おいしいと感じた。っと

いうより、あまり食べるもののないサバイバルの旅なので何でも食べられるも

のがうまいと感じる身体になっていたようだ。夕食を取りながらウオッカで乾

杯。もちろんストレート。ロシア人は何度も乾杯をする。その度にまとまった

激しい刺激のウオッカが身体を駆けめぐる。あまり酒が強くない私は気をつけ

て飲んでいたが、なんとこのウオッカがうまい!疲れた身体に力がみなぎって

くるようである。ロシア人は毎日こうやって飲んでいるのだろう。身体ががっ

ちりしているわけだ・・。納得納得・・ウンウン。

 どんだけ〜っっっ 飲んだかわからないが、身体がほてったところで就寝。

何もないサハリンの山の中で、夜は冷え込む空気にロシアを感じながら眠りに

ついた。







【2007/08/30 21:14】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0) top>>

ロシア・北サハリン  過酷な釣行紀?

2007 6.20(水)

 朝目覚めて車を走らせると、この地域の川の監視員という男(私はどう見て

も元日本サッカー代表監督だったトルシエに見えてしょうがなかった)と合流

した。旅に同行するらしい。彼がいなければこの地域での釣りは不可能。後で

わかったのだが、彼らは魚を乱獲するマフィアと日々戦っており、マフィアが

造った橋を破壊することもあるという。すげ〜さすがはロシア。


 何時間か走ると車が止まった。見ると川岸に止まっている。なんと、橋がな

い。でも向こう岸には道路がつながっている。ロシアには川がそのまま道にな

っているところが多い。軍用車で来たのもうなずける。と、なにやら山奥から

エンジン音が、すると向こう岸から大きなトラックが川を渡ってきた。すげ〜

〜何度も驚いているがさすがはロシアである。


 なんと土砂崩れでこの先の道がふさがれているとのことで遠回りすることに

なり、さらに最悪の振動の中で数時間を過ごした。時間を考えるのも嫌になっ

てきたところで再び車が止まった。見ると聞いたことのある、心が落ち着くサ

ウンドが耳に入ってきた。波の音だ・・・。みると海岸が見える。日本で見る

海岸と異なるのは、人間の命が感じられないところだろう。何も手を加えてい

ない自然そのものの海岸線。その景色を見た瞬間、釣りに来ている自分を忘れ

てしまっていた。サハリンに来たんだなと改めて実感した。聞くと目的地はこ

こから4kmのところらしい。時計を見るとユジノサハリンスクを出発してか

ら24時間が経とうとしていた。(長かった・・・・。身体が飛び上がるほど

の振動の中での24時間。多分一生でこれきりだろう。)やっと釣り人に戻れ

る。疲れた身体に言い聞かせながら最後の振動に耐えるために再び車に乗り込

んだ。











【2007/08/29 22:50】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

ロシア・北サハリン  過酷な釣行紀?

2007 6.19(火) 

ユジノサハリンスクへつくと、ガイドが待っていた。なんと、ここからは軍

用車で行くらしい。軍用車を使う理由は後でわかったのだが、この車・・・窓

がないのである。しかもこの日は気温30℃はあっただろう。聞くところによ

ると、目的の川はここから北へ700km以上あるらしい。いったい何時間か

かるかわからない移動を窓がないこの車で行くと考えると身震いがしたが、今

回の目的は日本人がまだいったことない川を目指すことなので、このくらいは

覚悟の上であった。

 何時間走ったかわからない・・・。道のほとんどは砂利道である。お世辞に

も乗り心地が良いとは言えないこの車に慣れてきたところで車が止まった。久

しぶりに時計を見ると夜の1時をまわっていた。今日はここで夜を明かすらし

い。車を走らせて10時間ほどがたっていた。ひとときの振動のない世界を味

わって眠りにつく準備にとりかかった・・・。さあいよいよ明日は目的の川で

ある。

と気分を高めていたが、まだまだ過酷な旅は終わらないのであった。


 しかし、サハリンの南部の大きな街を離れると何とも寂しい風景が続く。本

当に人が住んでいるのだろうか・・・。














【2007/08/28 23:22】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>

ロシア・北サハリン  過酷な釣行紀?

2007 6月18日(月)。ロシアに向けて飛びたった。ねらいはシーマ(日本ではサクラマス)である。日本ではルアーでいろいろなトラウトをねらってきたが、一度ロシアの大陸シーマをねらってみたいと思っていた願いが現実となった。海外への釣りは初めてだったので、荷物の多さには自分のものながらびっくりしてしまった。しかも、荷物が20kgを越えると超過料金がかかってしまう。私は4000程払って終わったのだが、同行者の一人は1万円以上もかかってしまった。お、お、お、恐ろしい。できるだけ機内へ持ち込めるようにリュックには大量の荷物をくくりつけている。
 この日はハバロフスクで一泊。2日目にサハリンへ飛んで、未踏の地を目指す予定である。この日は高まる気持ちでうきうきだったが、次の日から壮絶な旅が始まるとは誰もが思っていなかった・・・。
ハバロフスク空港にて。この後撮影を止められた。かなりやばかったらしい・・・あぶないあぶない

【2007/08/28 00:04】 ロシア・北サハリン過酷な釣行紀 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>